映画 「ハクソー・リッジ」

こんにちは(*´▽`*)

今日は朝から天気が良かったので
外に洗濯物を干していたら
いきなりどしゃぶりに( ノД`)シクシク…
不意打ちの雨はやめてほしい…
乾きかけた洗濯物、
またびしょびしょになりました(笑)

楽天カードの審査は簡単ですよ!

先日、
映画を見てきました!!
メル・ギブソン監督「ハクソ―・リッジ」
これは、武器を持てない臆病者の兵士が、戦場で75人を救出する奇跡の実話。
戦争映画の「殺す」というイメージを覆すストーリー。

第2次世界大戦の激戦地・沖縄の難攻不落の断崖
ハクソー・リッジ
(舞台になったのは沖縄の前田高地)を駆け回り、
銃持たずに、たったひとりで75人もの命を救った男の実話。
主人公、デズモンド・ドスは、武器を持つことを拒み続け、
戦闘兵ではなく衛生兵(線上で負傷した仲間を救出する兵士)
として壮絶な戦場に行き、
「臆病者」と馬鹿にされながらも、
命を懸けて仲間を救い続けた。

彼は、敬虔なクリスチャンだったため、
良心的兵役拒否者(宗教上などの信念によって兵役を拒否した者)
であり、銃を持つことができなかった。
しかし、その功績をたたえられ、
アメリカ史上初の名誉勲章トルーマン大統領から授けられた人物。
「命を奪うのではなく、救いたい」と強く志願して入隊を希望。

戦争映画は、何年か前に上映された
「アメリカンスナイパー」という
イラク戦争を舞台とした実話を見たことがありますが、
「ハクソ―リッジ」のほうが
リアルでした。
見たその日、衝撃が大きすぎて
久しぶりに寝れませんでした( ノД`)シクシク…
いつもはどんなところでも寝れるのに…
でも、戦争映画は、
歴史を知ることができるので
見る価値はあるなーと思いますね。
怖いけど…(´;ω;`)ウッ…
でも、次見るのは平和なのが見たいです(笑)

f:id:rondo119:20170602212759j:plain